ねこ元気キャットフードの評判は?安心して与えられるのか調べてみた

量販店やスーパー、ホームセンターなどのペットコーナーでお馴染みの「ねこ元気」のキャットフード。

愛用されている方も多いのではないでしょうか。

ユニ・チャームペットが開発しているキャットフードで、安心なイメージも強いかと思います。

聞いたこともないようなメーカーが作っているキャットフードよりは、安心して与えることができますよね。

豊富なラインナップが取り揃っていますが、今回は全ライフステージに対応している「お魚ミックス・まぐろ・かつお・白身魚入り」についてご紹介していきたいと思います。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ねこ元気の成分・原材料について

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス等)、豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、マグロエキス、カツオエキス、白身魚ミール等)、動物性油脂、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

ねこ元気のパッケージに記載されている原材料は、上記の通りです。

まず、メインの原材料となっているトウモロコシやコーングルテンミール、小麦粉といった穀物についてですが、穀物の消化を苦手としている猫ちゃんにとってはあまり必要ではない栄養素です。

キャットフード自体の原価を抑えるために使用されてるという実情もあります。

消化不良を起こし、便秘や下痢の原因にもなってしまうこともあるので、なるべくなら避けておきたいところです。

チキンミールやポークミールといった表記にも注目してみましょう。

一見するとお肉のこととしか思えないので、何の問題もないように感じますよね。

しかし、具体的にどのような肉なのか明確な表記ではないというところに問題があります。

死んだ動物、病死した動物、障害のある動物などの肉を使用しているというケースもあるので、注意が必要です。

人間の食品のように厳しい基準がないこともあって、このような原材料を使っているキャットフードはたくさん存在しています。

知名度のあるメーカーだからといって安心するのではなく、注意深く選ぶ必要があります。

安心安全なキャットフードはこちら↓

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ねこ元気は添加物などは安心なのか?

ねこ元気には、合成着色料が使用されています。

合成着色料には、発がん性物質が含まれているというデータもあるので、愛猫の健康を考えるとなるべく与えたくないですよね。

猫は食べ物を見た目で美味しそうだとは判断しません。

飼い主さんに美味しそうに見せるためだけに使用されていると考えるのが自然ですが、そもそもそのような必要性もないですよね。

香りで猫ちゃんを引き寄せようとしているところもあります。

ねこ元気の料金・値段・価格について

ねこ元気の中でも人気のある「お魚ミックス・まぐろ・かつお・白身魚入り」ですが、1kgが何と400円ほどで販売されています。

大容量なのに、その安さで提供している訳ですから、リピーターが多いことにも納得できますよね。

買い続けているリピーターの飼い主さんも多いようです。

全ライフステージに対応しているという点も、続けやすいポイントになっています。

ねこ元気の口コミ・評判は?

  • 食いつきがあまり良くない
  • 人間が食べる物ではないのに着色料を使用する意味が分からない
  • 粒が小さくて噛まずに丸飲みしてしまう
  • 添加物が気になる

というような悪い口コミがありました。

その一方で、美味しそうに食べてくれるという良い口コミもありました。

どんなキャットフードであっても、良い口コミも悪い口コミもあるものです。

安いというところに満足して買い続けている飼い主さんもいらっしゃいますが、愛猫の健康維持を第一に考えてみましょう。

ねこ元気のバリエーション

【ドライ】
ねこ元気®全成長段階用
ねこ元気®健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)
ねこ元気®腎臓の健康維持用 13歳が近づく頃から
ねこ元気®腎臓の健康維持用 15歳が近づく頃から
ねこ元気®腎臓の健康維持用 20歳を過ぎてもすこやかに
ねこ元気®肥満が気になる猫用
ねこ元気®下部尿路の健康維持用 1歳~10歳頃まで
ねこ元気®下部尿路の健康維持用 10歳頃から
ねこ元気®毛玉ケア
ねこ元気®毛玉ケア 肥満が気になる猫用
ねこ元気®避妊・去勢した猫の体重ケア
ねこ元気®複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド

【ウェット(パウチ)】
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月)
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 成猫用(1歳から)
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 10歳以上用
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 13歳以上用
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 15歳以上用
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 20歳を過ぎてもすこやかに
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 下部尿路の健康維持用 1~10歳頃まで
ねこ元気®総合栄養食 パウチ 毛玉ケア

ドライタイプ、ウェットタイプ共に豊富なラインナップが取り揃えられている「ねこ元気」。

様々なお悩み別に展開されていて、年齢毎にも対応しています。

年齢も細かく刻まれていますし、猫がなりやすい病気としても心配な尿路系のケアに特化している商品もあります。

ラインナップを見ていると、愛猫にぴったりのキャットフードが見つかるのではないでしょうか。

ですが、当サイトでおすすめするのはこちらのキャットフードです。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ねこ元気は楽天・amazon等の通販サイトで購入可

ねこ元気は、ドラッグストアやスーパーなどの量販店でももちろん購入できますが、楽天やAmazonといった通販サイトでも販売されています。

ポイントを貯めることもできますし、使用も可能です。

重たいキャットフードを苦労して運ぶことなく、玄関先まで届けてくれることを考えれば、通販サイトでの購入も魅力的ですよね。

ねこ元気のどの商品でも手に入ります。

購入を忘れないようにするための定期購入ができるコースもあります。

自己管理することなく自動で届けてくれるのは、嬉しいサービスですよね。

当サイトいちおしのモグニャンとの違い

当サイトで一番おすすめしているのは、ヒューマングレードのプレミアムキャットフードとしても名高いモグニャンです。

無添加でグレインフリーですし、人間が食べても大丈夫だという安心感もあります。

そして、品質の良い白身魚からたんぱく質をしっかりと補給できるので、強くおすすめさせていただいています。

原材料のクオリティの高さを見ると、モグニャンの方が優れていると言わざるを得ないところはあります。

モグニャンの品質管理が徹底されているので、太刀打ちできる他のキャットフードがなかなか存在しないということも一理ありますよね。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー

ねこ元気よりモグニャンキャットフードがおすすめ!

ねこ元気は、ヒューマングレードの基準には残念ながら及んでいるとは言えません。

既にねこ元気を与えているという飼い主さんもいらっしゃることと思いますが、愛猫が気に入って食べているのであれば無理にやめさせる必要はないでしょう。

ペットフードは、人間の食べ物のように厳しい基準が設けられていないこともあるので、より一層慎重な判断が必要です。

大手メーカーが販売しているからと言って、安心であるとは限りません。

身近な人が愛用していたり、愛猫が喜んで食べていたりすると本質を見失いがちですが、時には冷静な判断が必要になることもあります。

パッケージのデザインやキャッチコピーだけを見ても、本当に良いキャットフードかどうかの判断は難しいところがありますが、どのような成分や原材料が使用されているのかをしっかり確認して選定してあげてください。

世の中にはたくさんのキャットフードが出回っていて、どれを選べば良いのか分からないという飼い主さんは、ぜひモグニャンをお試しください。

愛猫の食いつきもきっと良いかと思いますよ。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー