キャットフード『アイムス』の評判は?安心して与えられるのか調べてみた

アイムスは、数あるキャットフードの中でも知名度は高いですよね。

ホームセンターなどの量販店を訪れると、必ずと言って良いほど置いてあります。

売れ行きも良いですし、周りにも愛用している方が多いということで、特に何も確認せずに購入している飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

お悩み別にラインナップも展開されていて、飼い主さんが選びやすいというのも人気のポイントでしょう。

しかし、知名度が高いからと言って、安心安全とは限りません。

ペットフードの基準というのは、人間が食べるものの水準と比較すると、かなり緩いので、そのハードルをくぐり抜けるのは意外と簡単なんです。

今回は、アイムスの「インドアキャットチキン」を例にとって成分や原材料、実際の口コミなどについて調べてみました。

アイムスの購入を検討している飼い主さんはもちろん、どのキャットフードを選ぼうかお悩みの飼い主さんもぜひ参考にしてください!

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

アイムスの成分・原材料について

肉類(チキンミール、チキンエキス、家禽ミール)とうもろこし、植物性タンパク、大麦、油脂類(鶏脂)、家禽類、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、ユッカ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHA、BHT

アイムスの主原料となっているのは、肉類です。

アイムスの原材料として記載されているのは、チキンミールやチキンエキス、家禽ミールといったものです。

これらは、純粋なお肉ではなく、肉以外の部分を加工して作られていることもあるため、できれば避けた方が良いとされています。

野生の猫であれば、獲物を獲ってきて丸ごと食べる習慣があるため、これらのような肉以外の部位を食べるのは当たり前です。

原材料の表記が、「チキン」などの表記である方が、飼い主さんとしてもどういうお肉を使っているのかが分かるので、安心ではないでしょうか?

そして、2番目には「とうもろこし」の表記があります。

猫は穀物の消化を苦手としているので、こちらもなるべく避けた方が良いでしょう。

穀物を使用することによって、メーカー側はコストを抑えることかできます。

結果的に安く買えるという恩恵を受けることにはなりますが、あらゆる観点からキャットフードを選んであげることを心がけてください。

アイムスは栄養価が高いキャットフードということには変わりありません。

ペットフードの基準をきちんとクリアしていますし、懸念点はあるものの決して悪いキャットフードだとは言い切れません。

原材料の表記をしっかり確認しつつ、愛猫にとって本当に良いキャットフードを見つけてみてくださいね。

アイムスは添加物などは安心なのか?

アイムスには、先ほどご紹介したように、チキンミールや家禽ミールが原材料に使用されています。

こういった原材料を使用している場合、添加物を使用していることがほとんどなのですが、アイムスも例外ではありません。

香料の匂いに引き寄せられて猫ちゃんの食いつきが良くなるというメリットがあることも否定はできませんが、なるべくなら添加物を使用していないナチュラルキャットフードの方が、安全ではあります。

長期保存ができるようにするために保存料(BHA、BHT)も使用されていますが、これらはガンを誘発する可能性があることがアメリカで確認されています。

添加物は、体内に蓄積されてアレルギー反応などを起こすこともありますが、どの猫ちゃんにも同じことが起こるという訳ではありません。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

アイムスの料金・値段・価格について

アイムスのインドアキャットチキンは、5kgで約3,000円で販売されています。

かなりの大容量なので、イメージ的にはもっと高くても良いのではないかと思ってしまうような価格設定ですよね。

低価格を実現するためにチキンミールや家禽ミールが使用されてはいますが、必要な栄養素もきちんと入っているキャットフードであることは間違いありません。

大切な愛猫に、健康で長生きして欲しいと願うのであれば、愛猫に合ったキャットフード選びを心がけましょう。

アイムスの口コミ・評判は?

「何となく毛艶が悪くなってしまった」「食いつきが良くない」「目やにが増えた」「お腹の調子が悪くなった」というような良くない口コミもありますが、どんなキャットフードにも良い口コミと悪い口コミの両方があるものです。

コストパフォーマンスが高いというところに満足してる飼い主さんも大勢いらっしゃいますよ。

満足している飼い主さんについては、体調の変化が表に出ていないことで、アイムスが愛猫に合っていると判断されているのでしょう。

ペットフードにあるべき基準はきちんと満たしているので、その点は安心していただけます。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

アイムスのバリエーション

アイムス子猫用チキン

アイムス成猫用 インドアキャット

アイムス成猫用 体重管理用

アイムス成猫用 毛玉ケア

アイムス成猫用 下部尿路とお口の健康維持

アイムス成猫用 避妊・去勢後の健康維持

アイムス7歳以上用 インドアキャット

アイムス7歳以上用 毛玉ケア

アイムス7歳以上用 腎臓と下部尿路の健康ケア

アイムス11歳以上用

アイムス15歳以上用

アイムスのラインナップは、非常に豊富です。

成長段階や年齢に合わせて、一生涯サポートをしてくれるような商品展開がなされています。

猫の病気の代表格でもある尿路結石対策ができるものや、毛玉ケアできるもの、腎臓のケアに特化しているものなど、悩み別に選べるのも魅力のひとつと言って良いでしょう。

当サイトいちおしのモグニャンとの違い

当サイトでおすすめしているのは、モグニャンというキャットフードです。

モグニャンには、家禽ミールのような怪しい原材料は一切使われておらず、良質なたんぱく質が豊富な白身魚がメインとなっています。

モグニャンに使用されている白身魚の割合は、約6割にも及びます。

魚をこんなにもふんだんに使用しているキャットフードは、他でもなかなかありません。

白身魚から、体を健康に保つためのたんぱく質をしっかり摂っていくことができます。

そして、使われている原材料の質が非常に高いので、着色料や香料といった人口添加物も使用されていません。

モグニャンには、オメガ3脂肪酸も含まれています。

腎臓をサポートしてくれる効果が期待できるので、日常的に腎臓に関わる病気のリスクを軽減することが可能なんです。

モグニャンは、小粒で食べやすいので、成猫はもちろん、子猫やシニアの猫ちゃんにも負担なく食べさせられます。

安心で安全なヒューマングレードの基準をクリアしているので、非の打ち所がないと言って良いでしょう。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー

アイムスよりモグニャンキャットフードがおすすめ!

添加物が体に良くないということは、周知の事実ですよね。

人間が自分の食べ物を選ぶ際も、添加物まみれだと分かっていれば買わないはずです。

それを、大切な愛猫に与えたいと思いますか?

本当に必要な栄養素を補うことができて、体を健康に長生きにと願うのであれば、断然モグニャンをおすすめします。

世の中には数多くのキャットフードが出回っています。

そして、インターネット上にも様々な情報が行き交っています。

そんな中で、どれか1つのキャットフードを選ぶというのは、なかなか難しいこととも言えます。

愛猫のために安心して与えられるキャットフードをお探しであれば、この機会にモグニャンをお試しください。

モグニャンに切り替えてから、毛艶が良くなったり、皮膚の状態が良くなったりという声も実際にあるようです。

また、これまで与えていたキャットフードは一体何だったのかと思わせるほど、食いつきが良くなったというケースも…

食事は毎日のことですし、愛猫が喜んで食べてくれることに越したことはないですよね。

プレミアムキャットフードと言われていることもあって、敷居が高いイメージもあるかもしれませんが、定期購入を活用するなどの工夫で安く手に入れることもできますよ。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー