キャットフード『ミャウミャウ』の評判は?安心して与えられるのか調べてみた

ミャウミャウは、アイシアが開発し販売を行なっているキャットフードです。

大学監修のもとに開発が進められていて、安心なイメージも強い国産ということが売りになっています。

猫ちゃんがかかりやすい尿路系疾患の対策も講じられているので、つい買ってしまいたくなるキャットフードですよね。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

国産だからと言って、何の疑いもなく決めてしまって良いのでしょうか?

キャットフードを選ぶ際に最も重要になってくるのが、原材料です。

国産イコール安心という訳ではなく、きちんと内容を見て購入する必要があります。

今回は、ミャウミャウの「カリカリ小粒タイプかつお味」について詳しく調べてみました。

安心して与えることができるキャットフードなのか、参考にしていただけると幸いです。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ミャウミャウの成分・原材料について

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)肉類(ビーフミール、チキンレバーパウダー)、魚介類(魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド)、動物性油脂、セルロース、オリゴ糖、ミネラル類(Na、Cl、K、Ca、P、Zn、Fe、Mn、Cu、Co、I)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)

まず、ミャウミャウの原材料の表記について確認していきましょう。

やはり大学が監修して作られたというだけで、安心して与えることができるキャットフードだというイメージが湧きやすいですよね。

ただ、内容を見ていくと穀類がメインの原材料になっていることが引っ掛かります。

猫は肉食動物であるため、消化器官が短く、穀類の消化を苦手としています。

しかし、その生態を承知の上で穀物を入れているのでしょうし、消化不良などに関してもあくまでも可能性の話です。

とうもろこしや小麦粉といった穀物はできることなら避けた方が良いとされています。

猫の体調が直ちに悪くなるということではありません。

お肉や魚をたっぷり使うとコストが高くなって、販売価格も高騰してしまうので、低コストでリーズナブルな価格で提供するために穀物を使用しているのでしょう。

穀物が猫ちゃんにとって必要のないものだと知らない飼い主さんも多いんです。

安くて良さそうなキャットフードがあると思って買ってしまう方が多いという現状もありますが、知識を身につけた上での購入が安全です。

ミャウミャウの原材料に関しては、これだけではありません。

他の原材料についてですが、ビーフミールやチキンレバーパウダー、魚粉といった原材料が使われています。

「○○ミール」「〇〇エキス」「○○パウダー」というような表記は、よく使われています。

これらは可食部分を取り除いた後に残された部分を加工して作られています。

これらについても、なるべくなら避けた方が良いと言われています。

こういった粗悪な原材料を平気で使用しているメーカーは、実はとても多いので、飼い主さん側の判断に任せられているといったところでしょうか。

ミャウミャウは添加物などは安心なのか?

ミャウミャウには保存料で人口添加物が使用されています。

ただ、こういった添加物を使っているキャットフードも実は多いです。

添加物を入れることによって、長期間の保存がきくようになったり、美味しそうな香りがしたりするのも事実ですよね。

美味しく食べられるかどうかというところは、猫ちゃん自身にとっても大切な問題です。

添加物に頼ることで、キャットフードの品質自体は落ちてしまうものの、メリットもたくさんあるということになります。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ミャウミャウの料金・値段・価格について

ミャウミャウのカリカリ小粒タイプかつお味は、580gが640円ほどで販売されています。

とっても安いお値段なので、飼い主さんの経済的な負担は少ないと言えます。

原材料の内容を度外視してしまえば、安くて続けやすいキャットフードなのではないでしょうか?

ミャウミャウの口コミ・評判は?

「a-iペプチドを配合していることを大々的に掲げているのに、特にこれといった効果が実感できない」「食いつきがさほど良くない」「栄養面の偏りがあるようで心配」というような口コミが見受けられました。

その一方で、安くて続けやすい、食いつきが良いというような口コミもありましたよ。

大学監修のキャットフードということが、やはり人気のポイントになっているようです。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ミャウミャウのバリエーション

ミャウミャウとびきり♪

ミャウミャウミニ3P

ミャウミャウ3P

ミャウミャウジューシー

ミャウミャウクリーミー

ミャウミャウグルメフレーク

ミャウミャウカリカリ小粒タイプ

ミャウミャウカリカリ小粒タイプシニア猫用

ミャウミャウの売りとなっているのが、豊富なバリエーションです。

愛猫が喜んでくれそうなキャットフードを、様々な観点から開発していることが窺えます。

シニア向けに配慮された製品もあるようです。

国産で安心と思ってミャウミャウを与えることを決めた場合、これだけのラインナップがあれば、どれかしっくりくるものが見つかりそうだという希望が持てるでしょう。

当サイトいちおしのモグニャンとの違い

当サイトで一番おすすめしているのは、モグニャンです。

モグニャンは、人間が食べても問題のないヒューマングレードの基準をクリアしています。

それだけ品質の良い原材料を使っているということなのです。

ミャウミャウには添加物が使われているということもご紹介させていただきましたが、その中でも気になるのは二酸化チタンです。

二酸化チタンは着色料の一種なのですが、アルツハイマー病や不妊症、ガンなどの原因になるということが分かっています。

ただし、こちらに関してもあくまでも可能性の話であって、全ての猫ちゃんに当てはまるという訳ではありません。

愛猫の日々の健康のことを思えば、なるべく避けた方が良いかもしれませんね。

モグニャンはこのような添加物も一切しようしていませんし、カサ増しのための穀物も含まれていません。

新鮮で質の良い白身魚をメインにしており、安心で安全なキャットフードと言い切ることができます。

健康な体作りには、たんぱく質が必要不可欠です。

モグニャンであれば、それをきちんと補うことができます。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー

ミャウミャウよりモグニャンキャットフードがおすすめ!

ミャウミャウは、知名度やイメージも良いですし、品質もそれなりの水準をクリアしています。

ただし、無添加、グレインフリー、高たんぱく質という3つのポイントは、全てクリアして欲しい基準です。

これら全てを満たしているモグニャンは、ぜひ一生涯与え続けて欲しいキャットフードろして、強くおすすめします。

インターネット上でもさまざまな情報が行き交っていますし、どんなキャットフードにすれば良いか分からないという飼い主さんは、まずはモグニャンを買ってみてはいかがでしょうか?

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー