>>【カナガン】半額キャンペーン実施中!

キャットフード『ピュリナワン』の評判は?安心して与えられるのか調べてみた

ピュリナワンは、スーパーやホームセンターなどのペットコーナーに行くと必ずと言って良いほど販売されていますよね。

コーヒーで有名なネスレが開発したキャットフードです。

知名度が高くてメジャーなので、周りにも愛用している方が多いかと思います。

そういった安心感から安易に決めてしまうと、どういう成分が入っていて、どのような栄養が摂れているのかというところまでは、なかなか理解できていないのではないでしょうか?

ピュリナワンは、本当に安心して与えられる安全なキャットフードなのかということについて調べてみましたので、参考にしてください。

今回は、ピュリナワンの「1歳以上 美味を求める成猫用 チキン」について見ていきましょう。

>>ピュリナワンの公式サイトはこちら

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ピュリナワンの成分・原材料について

チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール、小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

ピュリナワンのメインとなっている原材料は、チキンです。

猫は肉食動物でもあるので、チキンをメインとしているのは高く評価できます。

チキンからたんぱく質を摂取できるので、被毛や皮膚、筋肉などを健康に保つことができるでしょう。

しかし、残念ながらチキンだけではなく家禽ミールも使用されているようです。

家禽ミールとは、分かりやすく言えばくず肉のことで、人間が食用として食べられない部分も含まれている可能性がある副産物です。

たんぱく質の質自体は、あまり高くはないと判断できます。

品質の悪い原材料からは、品質の良いたんぱく質は摂れません。

米やコーングルテンミール、小麦粉などが使用されているという点も気になります。

最近では、穀物を使用していないグレインフリーのキャットフードが注目を集めていますよね。

なぜ穀物を避けるべきなのか、それは消化不良になってしまうからです。

猫は肉食動物であるが故、穀物の消化を不得意としています。

消化不良を起こすと便秘や下痢などの症状が現れるだけではなく、毛艶が悪くなったり、皮膚トラブルを起こしたりと、様々なトラブルに見舞われます。

避けるべき穀物が使われているのは、キャットフードとして良くありません。

油脂類という表記に関してですが、動物性油脂というような曖昧な表記ではなく、牛脂、大豆油というようにきちんと明確に記載されているのは、好感が持てます。

何の油が分からないものが入っているというケースは少なくありません。

そういった場合は、大抵の品質の悪い油が使われているからです。

総合的に見ると、穀物と家禽ミールが使用されているという時点でかなりの減点になってしまうので、あまり良いキャットフードとは言えません。

ピュリナワンは添加物などは安心なのか?

ピュリナワンには、香料や合成着色料といった危険な添加物は一切使用されていません。

天然成分にこだわっているので、添加物の心配はなさそうです。

酸化防止剤に関しても、ミックストコフェロールという天然のものが用いられています。

添加物は体内に蓄積され、やがてアレルギー症状や様々な疾患を引き起こす原因となってしまいます。

時にはガンの原因にもなり得るので、無添加にこだわったキャットフードを選ぶようにしましょう。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ピュリナワンの料金・値段・価格について

ピュリナワンの「1歳以上 美味を求める成猫用 チキン」は、2.2kgで1700円ほどで販売されています。

容量がかなり多いので、量と値段だけを見ると安いという印象を与えるかと思います。

ただ、値段だけで見て決めるのではなく、原材料や成分をしっかり確認して、愛猫の健康をサポートしてくれるのかどうかを見極めるようにしましょう。

安易に値段だけで見て決めるのは、飼い主さんとしての責任を果たしているとは言えません。

ピュリナワンの口コミ・評判は?

ピュリナワンの実際の口コミには、良いものも悪いものも両方ありました。

良い口コミについては、多頭飼いには良い、食いつきが良い、安くて嬉しい、風味が良いといった内容がありました。

一方の悪い口コミに関してですが、全く食べようとしてくれない、吐くようになったというもの。

穀物が入っているので、このような状態になってしまうのは予想がつきます。

良い口コミには、風味が良いなどの高評価のものもありますが、家禽ミールを使っているので、素材本来の味が生かされているとも考えられません。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ピュリナワンのバリエーション

1歳までの子ねこ用

美味を求める成猫用

優しく腎臓の健康サポート11歳以上チキン

長生き猫の健康維持15歳以上チキン

グレインフリー(穀物不使用)1歳から全ての年齢にチキン

グレインフリー(穀物不使用)1歳から全ての年齢に白身魚

室内飼い猫用インドアキャット1歳以上

室内飼い猫用インドアキャット11歳以上

下部尿路の健康維持F.L.U.T.H.ケア1歳以上

下部尿路の健康維持F.L.U.T.H.ケア11歳以上

避妊・去勢した猫の体重ケア避妊・去勢後から全ての年齢にターキー

メタボリックエネルギーコントロール太りやすい猫用ターキー

ピュリナワンは、ライフステージに合わせたラインナップを展開している他、室内飼い向けだったり、チキンや魚などの素材毎に販売をしていたりと、豊富なラインナップが魅力的です。

腎臓ケアや尿路ケア、肥満傾向にある猫ちゃんのためのカロリーコントロールタイプのものもあります。

ピュリナワンは製品が豊富ですが、このように細分化されていることによって、選びやすくなりますよね。

>>ピュリナワンの公式サイトはこちら

当サイトいちおしのモグニャンとの違い

当サイトでは、モグニャンを推しています。

モグニャンは、良質な白身魚をふんだんに使用しているので、ドライフードでありながらもまるで手作りのフードかのような美味しさが味わえるんです。

ピュリナワンも原材料はさほど質が悪くはないのですが、家禽ミールを使っているという点でマイナスになります。

カサ増し目的の穀物がたっぷり入っていることも問題です。

せっかく品質が悪くはないのに、そういったところで減点になるのはもったいないですよね。

素材の良さはもちろん、グレインフリーで無添加、そして高たんぱく質であるということは、全て譲ってはならないポイントです。

当サイトでは、それら全てを持ち合わせているモグニャンを勧めているという訳です。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー

ピュリナワンよりモグニャンキャットフードがおすすめ!

ピュリナワンは、知名度も人気も高いので、一見安心して与えることができるキャットフードのように思いがちです。

しかし、うわべだけを見ないでちゃんと選んでください。

どのキャットフードを選べば良いか分からないという飼い主さんは、是非当サイトでおすすめしているモグニャンをお試しください。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー