キャットフード『ジウィピーク』の評判は?安心して与えられるのか調べてみた

ジウィピークというキャットフードをご存知ですか?今や世界中に愛用者がおり、人気も定着しつつあるキャットフードです。

ニュージーランド生まれのキャットフードで、豊富なたんぱく質と食物アレルギーに配慮しているという点が特徴となっています。

今回は、ジウィピークの「エアドライ・キャットフード ベニソン」について調べてみました。

購入を検討されている飼い主さんはもちろん、名前を聞いたことがないという方も是非ご一読ください。

超高級なお値段に驚く方もいると思いますが、参考になる情報が見つかれば、幸いです。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ジウィピークの成分・原材料について

生肉・内臓・魚介類…96%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンキドニー生肉、ニュージーランド緑イ貝、ベニソンボーン)、レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜セレン酸ナトリウム)、海塩、酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE)、ビタミン類(塩化コリン、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、葉酸、D3)、DLメチオニン、タウリン

原材料のトップに記載がある生肉、内臓、魚介類ですが、これらの割合が何と96%も占めています!

数あるキャットフードの中でも、お肉やお魚の含有率がここまで高いのは、驚異的な数字と言えるでしょう。

もはや手作りのキャットフードを食べているのと大差がないのではないでしょうか?

新鮮さには徹底的にこだわっており、ミネラルやビタミンなどの必要な栄養素もしっかり補給することができます。

野生の動物を捕まえてそのまま食べているかのようなクオリティの高さが人気の秘密です。

食いつきが良いとされる理由がここにあるのでしょう。

生食により近い形でキャットフードを作り、総合栄養食として安心して与えることができます。

また、ジウィピークのキャットフードは時間をかけてゆっくり丁寧に作られます。

エアドライ製法を採用していて、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった重要な栄養素をなるべく残しているのです。

ジウィピークのキャットフードの消化率に関しても、95%という驚異的な数値を誇っています。

キャットフードを与える量を少なめにしても、ほとんどが栄養として吸収されるということなんです。

そして、排泄の量も少なくなります。

自然に近い栄養食として、安心で安全なキャットフードであるということが分かりますよね。

ジウィピークは添加物などは安心なのか?

ジウィピークには、香料や着色料、保存料といった人工添加物は一切使用されていません。

なるべく自然に近いキャットフードを目指して開発しているので、そういった人工的な要素は皆無です。

使用している原材料の品質に絶対的な自信があるからこそ、添加物に頼ることのないキャットフードを仕上げることができるのでしょう。

原材料や成分はもちろん、製造工程にも徹底的なこだわりを持ち、厳重に管理しているので、安心して愛猫に与えられますよ。

ジウィピークの料金・値段・価格について

結論から申し上げると、ジウィピークは決して安くはありません。

「エアドライ・キャットフード ベニソン」は、400gのものが約4000円で販売されています。

体重4kgの猫ちゃんが10日ほどで食べ切ってしまうほどの量なので、その値段の高さに驚かれることと思います。

しかし、ジウィピークの原材料のクオリティの高さや製造方法に対するこだわりなどを考慮すると、値段が高くなってしまうこともやむを得ないでしょう。

値段を下げようとすると、結局はカサ増しのための添加物を使用したり、原材料自体の質を落とすことにもなりかねません。

ジウィピークの品質を維持するためには、この値段は必要最低限です。

無添加プレミアムキャットフードおすすめランキング!安心安全な猫の餌を比較

ジウィピークの口コミ・評判は?

ジウィピークの口コミや評判に関してですが、あまりにもクオリティが高いため、悪い内容は値段が高いということ以外は見当たりませんでした。

これまでにどんなキャットフードを与えても満足してくれなかった愛猫が、ジウィピークのキャットフードを与えた途端、ものすごい食いつきで食べてくれたという口コミもありました。

その他にも、栄養価が高いことや原材料の品質の高さ、栄養バランスが優れていることなどを称する声が多数見受けられました。

便秘や下痢を慢性的に繰り返していた猫ちゃんが、ジウィピークのキャットフードに切り替えてからは症状が出なくなったという口コミもありました。

消化吸収率が非常に高いので、腸内環境に関するトラブルも解決してくれると言えます。

腸内環境が整うと、毛艶も良くなり、皮膚の状態も良くなるので良いこと尽くしです。

口臭や体臭などが気になる場合も、かなり改善されるようですよ。

品質の良さと飼い主さんの満足度は、比例していくのでしょうね。

ジウィピークのバリエーション

エアドライ・キャットフードベニソン

エアドライ・キャットフードラム

エアドライ・キャットフードニュージーランド グラスフェッドビーフ

エアドライ・キャットフードニュージーランド マッカロー&ラム

エアドライ・キャットフードニュージーランド フリーレンジチキン

キャット缶ベニソン

キャット缶ラム

キャット缶グラスフェッドビーフ

キャット缶マッカロー&ラム

キャット缶フリーレンジチキン

キャット缶マッカロー

キャット缶ホキフィッシュ

ジウィピークのキャットフードのバリエーションは、大きく分けるとドライタイプと缶詰のウエットタイプの2種類があります。

缶詰はどうしても高くなってしまうので、ドライをメインにすることをおすすめします。

ジウィピークのドライタイプも、生食に近付けて開発されているので、十分満足できるはずです。

ラムやチキン、ビールなど素材の味を生かしたキャットフードが多く展開されているので、愛猫の好みに合わせて選ぶことができます。

ジウィピークは楽天・amazon等の通販サイトで購入可

ジウィピークのキャットフードは、かなりお高めなのでスーパーやドラッグストアなどで気軽に販売されることはまずないでしょう。

在庫切れを起こしていることも多々あるので、確実に購入できる楽天やamazonでお買い求めになることをおすすめします。

値段が高めではありますが、通販サイトの方が割引になることもあるのでぜひ覗いてみてください。

当サイトいちおしのモグニャンとの違い

当サイトでイチオシのモグニャンと、ジウィピークとの違いについてですが、より生食に近いのがジウィピークと言えます。

品質の高さはどちらも甲乙つけがたいのですが、値段と品質のバランスを総合的に判断するとモグニャンの方が経済的なのでおすすめです。

また、素材に関してもジウィピークはラムなどをメインにしていますが、モグニャンはチキンをメインにしています。

どちらも猫ちゃんの胃腸に負担をかけることなく消化することができる素材です。

猫ちゃんの嗜好の問題もありますが、食いつきの良さに関してもモグニャンに軍配が上がるでしょう。

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー

ジウィピークもおすすめですがモグニャンキャットフードもおすすめ!

ジウィピークもかなりおすすめのキャットフードにはなりますが、やはり値段が高過ぎるという問題があります。

無理をして高いキャットフードを買い続けるのは、飼い主さんにとっても大きな負担になってしまいますよね。

ジウィピークにも負けないくらいの品質の高さを誇っているモグニャンも、それなりの値段ではありますが、続けやすいと思います。

当サイトでは、やはりモグニャンをおすすめします!

モグニャンキャットフードの評判や口コミは?実際に与えてみたモグニャンレビュー