>>【カナガン】半額キャンペーン実施中!

無添加プレミアムドッグフードおすすめランキング!安心安全な犬の餌を比較

ドッグフードの中でも良質であるとされる「プレミアムドッグフード」。

ドッグフードは犬にとって長く食べ続けるものであり、成長や健康維持のための栄養源です。

プレミアムドッグフードは、犬が食べるものに対する品質管理から生まれたものだと考えられます。

「安心安全な良質のドッグフード」をどのような基準で選びますか?

ペットフードに関する正しい知識と、判断するためのポイントや注意点をしっかりおさえて、「安心安全な良質のドッグフード」を選んであげましょう。

プレミアムドッグフードを選ぶ3つのポイント

プレミアムドッグフードを選ぶポイント

プレミアムドッグフードとは、一般的には高品質な原材料を用いて、添加物を必要最小限にとどめたドッグフードのことを言います。

1、無添加かどうか

ドライタイプのドッグフードは、ある程度の保存期間が必要なので少なからず保存料などの添加物が含まれています。

しかし、添加物は犬にとって不必要な場合が多く、保存料の中には危険性が有るものもあります。

添加物の影響は大きく、無添加のドッグフードに切り替えただけでも、皮膚のトラブルが減ったという事例もあります。

添加物が無添加、もしくは最低限に抑えたドッグフードであることが望ましいと言えます。

2、グレインフリー(穀物不使用)かどうか

グレインフリー

ドッグフードに使用される穀物は、トウモロコシや小麦が多く使われます。

しかし、犬の胃腸は穀物を消化するのが苦手なので、穀物が多く含まれるドッグフードを食べると嘔吐や下痢をしてしまうことがあります。

穀物アレルギーがある犬は被毛のつやがなくなったり、皮膚のかゆみやただれの原因にもなることも。

ドッグフードに穀物を使うのは、原材料のコストを下げるためです。

犬の健康を第一に考えるのであれば、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選んであげましょう。

⇛グレインフリードッグフードについて詳しく見る

3、良質な原材料を使用しているかどうか

良質な原材料とは、人間が食べられるレベルの原材料(ヒューマングレード)だということ。

ドッグフードは原材料が加工されているので、病気で死んだ鶏、薬漬けの鶏というような粗悪な肉が使われているケースが多くあるのをご存知ですか?

このようなドッグフードは、美味しく見せるための発色剤、食いつきをよくするための甘味料などの添加物がたくさん含まれています。

その点、良質な原材料だけを使用したドッグフードは食感が良いため犬の食いつきもよく、厳選されていますから添加物を含まなくても大丈夫です。

⇛市販ドッグフードの安さの理由

プレミアムドッグフードを選ぶときの注意点

プレミアムドッグフードを選ぶ際には『3つのポイント』がありましたが、実際に購入するときの注意点も押さえておきましょう。

「総合栄養食」の表示がある

「総合栄養食」とは、犬または猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、当該ペットフードと水だけで指定された成長段階における健康を維持できるような栄養素的にバランスのとれた製品」を言います(一般社団法人ペットフード協会HPより)。

AAFCOが定める栄養基準を満たしている

AAFCOとは「米国飼料検査官協会」の略称で、総合栄養食として必要な栄養素(たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンなど)の栄養基準を定めています。

日本のペットフード公正取引協議会もAAFCOの栄養基準を採用しています。

その他、原材料の表示が明確なもの、1kgあたり1,000円以上のもの(良質で動物性たんぱく質の含有量が多いと、これくらいにはなる)などを基準に選びましょう。

⇛高級なプレミアムドッグフードがおすすめな理由

おすすめのプレミアムドッグフードランキング

プレミアムドッグフードと呼ばれる中にも、本当に優れているフードは、「食いつきはいいか、高品質の材料が使われているか、100%無添加か、グレインフリー(穀物不使用)か、栄養バランスは優れているか」などが判断基準となります。

これらの判断基準を多く満たしているほど、手作りに最も近い良質のドッグフードと言えます。

おすすめのプレミアムフードの上位にランキングされているドッグフードをご紹介します。

1位:モグワン

おすすめ度 ★★★★★
価格/容量 3,960円(初回お試し100g/100円)/1.8kg
カロリー 344.4kcal/100g
主原料 生チキン、生サーモン
添加物 無添加(ビタミンE)
穀物 不使用
原産国 イギリス
対応年齢 4か月~シニアまで

イギリス産ドッグフードで、『カナガン』が開発した、食いつきには定評があるドッグフードです。

「健康的なドッグフードを与えると食べてくれない」、「食いつきのよいドッグフードは添加物だらけ」と悩む飼い主さんの声を実現させたのがこのモグワン。

モグワンは「健康的で食いつきの良い本当のフードを作りたい」という願いから、あらゆるドッグフードの優れた点だけを集結しました。

モグワンは3つのこだわりを追及し、犬にとっていらないものをできるだけ取り除き、必要な物を最大限取り入れたドッグフードです。

一つ目のこだわりは、原材料はすべて人間でも食べることができるヒューマングレードだということ。厳選した原材料をバランスよく使っています。

二つ目のこだわりは、高たんぱく・グレインフリーだということ。

メイン食材にチキン生肉と生サーモンを使った動物性たんぱく質の割合は、何と50%以上にもなっています。

動物性たんぱく質は、犬の成長や健康に欠かせない栄養素。

これにトマト、アスパラガスなどの野菜や、バナナ、リンゴなどのフルーツをブレンドした栄養バランスも考えられたドッグフードで、消化しづらい穀物は一切使用していません。

三つ目のこだわりは、シンプルな原材料なので、いろいろなトッピングが楽しめること。

もちろん、トッピングの材料は厳選したものを選んであげてください。

【ガチ口コミ】モグワンドッグフード買ってみた!全ての魅力を徹底レビュー

2位:カナガン

カナガン

カナガンのドッグフードは、「100%無添加・肉も豊富・グレインフリー」です。

メインの食材は鶏肉で、自由に走り回れる鶏舎内で放し飼いされた「平飼チキン」なので、味も格別。

オイルも上質のサーモンオイルが使用されているので毛づやが良くなったとの声も聞きます。

カナガンのドッグフードのポイントは、

  1. 子犬や小型犬でも食べやすい小粒タイプ
  2. 食いつきがよく、ベストな栄養バランス
  3. 徹底した品質管理が整った工場で製造されているから安心で安全

カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材を厳選。

栄養のバランスを良くするために海藻やハーブ、サツマイモなども使用しています。

3位:ファインペッツ

ファインペッツ

ファインベッツのドッグフードは、与える量を調節することですべての犬種、年齢に合うというコンセプトで作られています。

原材料には穀物(オートミール・大麦・全粒米)が使用されていますが、これらの穀物はビタミン類の含有量が多い上、アレルギーになる割合は少ないです。

メイン食材はアレルギー性の低い鹿肉と鶏肉。

その他の原材料もすべてヒューマングレーなので、「アレルギーが出なくなった」と喜ばれています。

特に優れているのは消化吸収率で、何と87%と超高率!

一般的に高級フードと呼ばれているものと比較しても倍以上の消化吸収率になります。

消化吸収率が高いからこそ、少ない量で十分な栄養がまかなえるということです。

FINEPET’Sドッグフードの詳細はこちら

プレミアムドッグフードはモグワンで決まり!

モグワンドッグフードレビュー

プレミアムドッグフードは市販のドッグフードの中でも、値段が割高です。

愛犬の成長や健康維持を考えると、病気になったときの診療費や付随するものに掛かる費用に比べたら、決して割高ではないと思います。

元気に走る姿、愛くるしい姿を毎日見るためには、安心して食べさせられるドッグフードを厳選してあげましょう。

モグワンならプレミアムドッグフードの基準をクリアしており、安心安全のドッグフードです。

愛犬に出来るだけいいものを食べさせてあげたいと思う方は一度、モグワンを試してみてください♪

【ガチ口コミ】モグワンドッグフード買ってみた!全ての魅力を徹底レビュー